クレジットカード自己破産後は利用できない?

みなさんは、個人再生のメリットとデメリットを知っていますか? 新たな救済制度として、注目されている個人再生です。
しかし、もちろんこの制度にも、やはりメリットとデメリットが存在しているのです。
それでは、実際にはどのようなメリット・デメリットがあるのか見て行きましょう。
個人再生のメリットには、以前説明した借金の大幅減額以外にも、以下のものがあるのです。
まず、住宅ローンがある住宅を手放すことなく、債務整理ができる点です。
ただし、個人再生手続きでは、住宅ローンの減額はできないので、注意が必要です。
次に、手続き中において資格の制限がない点になります。
そのため、仕事に必要な資格を失うことはないのです。
また、一度認められた再生計画で支払いを続けて、減額した債務の4分の3以上を支払い後に、債務者の責任でない理由で支払が困難となった場合、残りの金額を免責される点も、とても大きいです。
個人再生のデメリットとしては、以下が該当しています。
また、信用情報機関にて「事故情報」として、5年間登録がされて、新たな借り入れやクレジットカードの利用ができなくなるのです。
更に、特定の債権のみを争点とした減額等を行うことはできないのです。
そして、給与所得者再生の場合に、再生を行った人は、7年間破産免責ができなくなるのです。