パソコンマルチセルとは

マルチセルとは「マルチレベルセル」の略称で、フラッシュメモリの一種です。
初期のフラッシュメモリは、1セルあたりのビット数が1ビットであったために、大容量化が難しいとされていたのですが、マルチレベルセルは特殊な技術によって1セルあたりのビット数を増やし、容量のアップに成功しています。
対して、従来の1セルあたりのビット数が1ビットのフラッシュメモリーを「シングルレベルセル」といって区別します。
また、マルチセルには書き換え可能な回数にも制限があります。
しかしながら、近年の技術の向上によってマルチセルは着実にその機能を進化させており、今後はシングルレベルセルに代わってマルチセルの利用が主流になると考えられています。
パソコン買い換え人気?おすすめランキング中!【失敗しない買い方は?】